Z折圧着ハガキ印刷

Z折圧着ハガキ印刷

Z折圧着ハガキ印刷は、はがきサイズのダイレクトメールとして、付加価値を追加した特殊なダイレクトメールとなります。定形はがきの情報をと比較しても3倍に増えているにもかかわらず郵便代金は、はがき料金と同じなのです。販促向けに小売店舗から消費者向けに送られるケースが多いのではないでしょうか。また圧着ハガキは「めくる」という行動をお客様が行う事で「あっそういえば・・・」と「記憶のすりこみ」が行われるといわれます。ただし めくらないと意味がないので、めくってもらう工夫も発信者側で必要といえます。またダイレクトメール送付の初心者が試される場合は、一回で反響を出そうと考えるのではなく、少部数でも良いので定期的に印刷し送付したり、また地域を少し変えたりして行います。もちろん送付してそのままでは、勿体ないので送付後にはフォローを行って反省を活かし次のZ折圧着ハガキの作り方を変えてあげる必要があると私は考えております。